スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災害支援対策室

---------------------------------------------------------
2011年3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震により
亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

被災された皆様に対しまして心よりお見舞い申し上げますと共に
皆様の一日も早い安全、安心の確保と復旧を
心よお祈り申し上げます。
---------------------------------------------------------


先日、9日ぶりに救出されたお婆さんとお孫さん。
本当に良かったです!
久しぶりの嬉しいニュースだったように思います。

さて、阿蘇市の乙姫ペンション村も低料金での貸出開始するそうです。
施設は、下記になります。
まずは、コスギグループの阿蘇ハイランドへご連絡下さい。

【連絡先】
阿蘇ハイランド開発株式会社
熊本県阿蘇市乙姫2052
TEL0967-32-5500 FAX0967-32-3359
  <窓口>総務部  渡辺/下田


【施設】
・アリスのシャンピニオン
・スヌーピー  
・あその時計台 
・スターリー 
・ウィンディアンブレラ
・ロワ
・アルムの森  
・かかしのかくれ家
スポンサーサイト

災害支援対策室

---------------------------------------------------------
2011年3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震により
亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

被災された皆様に対しまして心よりお見舞い申し上げますと共に
皆様の一日も早い安全、安心の確保と復旧を
心よお祈り申し上げます。
---------------------------------------------------------


今回、コスギグループでは【災害支援対策室】を設置しました。

まず、阿蘇ハイランドリゾート内のロッジ・ペンションの全17室を低料金での貸出開始。
1室、3~4名で5,000円/日になります。
場所は、阿蘇市乙姫。
詳しくは、阿蘇ハイランドへご連絡下さい。
TEL:0967-32-5500

次に、コスギ不動産の賃貸空室物件の提供。
そして、グループホーム かいごのみらいでは、空きのお部屋を要介護の受け入れを行う為に準備を進めております。
現在、市の認知症の方のみの入居しか認められておりませんので、それを可能に出来ないか市や県に問合わせ中です。


詳しくは、当社のHP(http://www.kosugi-f.com/)のトピックス&新着情報に掲載しています。
良かったらご覧ください。

賃貸住宅の空室提供

---------------------------------------------------------
2011年3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震により
亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

被災された皆様に対しまして心よりお見舞い申し上げますと共に
皆様の一日も早い安全、安心の確保と復旧を
心よお祈り申し上げます。
---------------------------------------------------------


先日、荷物を運ぶトラックが現地に行けないとニュースで拝見しました。
電気が取ってない為、ガソリンスタンドで燃料を入れることができず往復出来ないとか・・・・。
早く、被災者の方々に寄贈された衣類や食糧などが届けられることを心より願いします。


今、賃貸住宅の空室提供が求められています。
これは、全国賃貸住宅経営協会に国土交通省より直接要請があったもので協会の方も総力を挙げて訴求に対応されてる状態です。
被災者の皆様が熊本に来られた場合、いつでも受け入れ態勢ができるようオーナー様にお願いし、現在空室物件の提供ができるよう手配を開始しております。
まだ、詳細は分かっておりませんので分かり次第、発信させていただきます。

建物損害調査参加

---------------------------------------------------------
2011年3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震により
亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

被災された皆様に対しまして心よりお見舞い申し上げますと共に
皆様の一日も早い安全、安心の確保と復旧を
心よお祈り申し上げます。
---------------------------------------------------------



原発の方も心配になってきました。
大丈夫なのでしょうか?
早く、対処できるといいのですが・・・・。

さて、今回の災害に伴う建物損害調査の為に一級建築士の資格を持たれた方は損害調査団として参加要請がきているそうです。
当社社員のなかにも資格者が1名おり、参加要請がきたと報告を受けました。
どのような場所で、また期間も決まっていない中、「行きたい」と本人からの強い要望でもあり参加頂くこととなりました。
社長の小杉は、大切な社員に何かあってはと不安を感じたそうですが、本人の意志が固いことを感じ、また、被災者の方々のお役にたてることができるのであるならばと送り出すことを決意されました。

彼が任務に集中できるよう、社員全員で彼の仕事のサポートし、彼が無事に任務をやり遂げ帰ってくることを心から応援したいと思います。

心からお見舞い申し上げます。

---------------------------------------------------------
2011年3月11日に発生しました東北地方太平洋沖地震により
亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

被災された皆様に対しまして心よりお見舞い申し上げますと共に
皆様の一日も早い安全、安心の確保と復旧を
心よお祈り申し上げます。
---------------------------------------------------------


災害が発生してから毎日テレビでの情報を知り心が痛みます。
また、まだまだ余震が続いているので安心も出来ません。
原発の問題もありますし、寒い中、また食べ物もない中、非難されている方々が多くいらっしゃると思うと何にも出来ないことを歯がゆく感じます。

当社は、小さなことでもいいので何かできないかと考た結果、このブログを読まれた皆様にも出来る内容があればと思い当社で行っています支援活動を発信していこうと決めました。


まず手始めに募金。
会社からと社員から支援金を募り、寄付しました。
また、たくさんの場所で募金できるようになってますので個人的にも行っています。
他の方々も、積極的に行っていると思います。
【塵も積もれば山となる】ということわざがあるように微力なものでも集まれば大きな力になります。
日本国外の方々からの支援金も集まってるとニュースでの報告があっており、嬉しく思います。
しかし、世界中から寄付が集まっていますが、復興にかかるお金はまだまだ計り知れない金額だそうです。
これからも、コンビニや街中で目についたときは、募金を行おうと切に感じました。
09 | 2017/10 | 11
Su Mo Tu We Th Fr Sa
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

コスギ不動産 総務課

Author:コスギ不動産 総務課
コスギ不動産の情報を総務部より発信!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
訪問者カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。