スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【水曜日】人脈の大切さ

 「人脈」とは、ビジネスマンの間ではよく聞く言葉であり

英語的表現では「パーソナルネットワーク」ともいう。

そのイメージは両極端だ。「好き嫌い」「損得勘定」「縄張り」

「かけひき」などの負のイメージがある一方で、「顔の広さ」

「社交術」「カリスマ」などのプラスのイメージがある。

 我々ビジネスの世界において、「できるビジネスマン」と言われ

る人には、この人脈を広く持っている人が多く、そしてなぜか「実績

を上げる人」が多い。
 それはなぜだろう。そもそもビジネスで成功する為には、一人では
何も出来ないし、様々な人の協力が必要


となるものだ。それでは、ただ

「知り合い」が多ければいいかというと、そうではない。
先ず、相手に「好かれる人」になる必要がある。その為には「自分の

メリット追求」だけでアプローチしてもダメだ。心をオープンにして、

謙虚さを持って「信頼される関係」作りを優先させる必要がある。

言い換えれば、年齢に関係なく、まず「友達」になる事である。

だから「真の人脈」を作るには、それなりの時間をかけないといけない。

 人事の専門用語で「コンピテンシー」というのがある。これは、好業績

を達成している人の行動特性のなかの「良好な対人関係の構築力」

特に優れているという。

 この様にビジネスは、結局「人」それに尽きる. その為には、[外出の習慣」
を持って、まずは人に会い、こちらから積極的に話しかけ「友達」になることが大切なのだ。

【水曜日】ネクタイのルーツ

 長かった半年間のクールビズも終わり、当社でも先日からネクタイの着用が再開された。

そもそもネクタイというのは、いわばビジネスマンのシンボルの様なものだ。

ネクタイをしたくないと思う事もあるが、そうもいかないのも、それゆえのことである。

しかも、スーツ姿ではオシャレといっても、せいぜいネクタイに変化をつける位しか

出来ないから、ネクタイにセンスを表現しようとする人は多い。

 そこで、ネクタイの起源を調べてみると、ローマ帝国時代にさかのぼる。

当時、兵士が出征する時、妻や恋人達が無事を祈って、彼らの首に布きれを巻いた。

一種の「お守り」だったわけだが、これがネクタイのルーツといわれる。

そしてやがて17世紀のフランスでは、軍隊の兵士達がユニークなデザインの布を

スカーフのように首に巻き、それを貴族達がまね、「オシャレ」としてはやりだし、

現在の装身具としてのネクタイが始まったとされる。

 この様なネクタイだが、私もやはりネクタイを着用すると身が引き締まり、

よしやるぞ、という気持ちも湧いてくる。この気持ちを大切にして、ネクタイを

オシャレだけでなく「仕事のお守り」として身につけ、ビジネスシンボルの

一つとして大事にしていきたいものだ。


リトルシーダ



【水曜日】クレーム・トラブル対応の大切さ

 当社では定期的にクレーム・トラブルについての勉強会を実施し、

社員のレベルを上げ、お客様に不満が残らない様な努力をしている。

当業界では、クレーム・トラブルといっても様々なものがあり、中には

言いがかりや、別の意図を持ってクレームを言う人もいる。しかし

その様な人に対しても、話をよく聞き、キチンとした説明と対応が必要だ。

また、普通の人でも対応を誤ると、こじれてしまい、元に戻すのに大変な

時間と労力が必要となり、モンスター化することも珍しくない。

 では、その様にならない為には、どの様にすればいいのか。

先ず第一に「スピード」。対応や訪問が遅れれば、それだけでお客様の

怒りが増していく。

第二に「話をよく聞く」。話もろくろく聞かず対応者の態度・姿勢があいまいで、

十分なおわび・説明が出来なければ更にヒートアップしてしまう。

第三に「誠意をもって対応する」ということだ。

この様に、即訪問・丁重なおわび・説明とテキパキとした対応・行動が出来れば、

逆にお客様の「信頼」を受けることに繋げることが出来る。

 これこそ「災い転じて福となす」という事だろう。

これからのクレーム・トラブル対応には、心して臨みたいものだ。


【水曜日】精神一到何事か成らざらん

今年の宅建試験の一年間という長い戦いは、ひとまず終わりを告げた。

正式な合格者の発表は未だだが、昨年の基準でも約7~8名が目標を

達成したようだ。

また、合格点には届かなかったものの、それに近い結果を出した者も

予想以上に多かった。所謂「全体のかさ上げ」が出来たといえる。

そもそも、今年の試験に臨む姿勢は、誰にも並々ならぬものが窺えた。

本人達のプレッシャーは、計り知れないものだったろう。

その事からすると、当然の結果といえるかもしれない。

しかしながら、一生懸命勉強し実力も付いているはずなのに、

結果が出なかった社員に対しては、残念な気がしてならない。

しかし、彼らに敢えて次の中国の名言を贈りたい。

「精神一到何事か成らざらん」

これは「全精神を傾けて物事にあたれば何事も

出来ないことはない」
という意味だ。

ああ、やっぱりだめだったか、とあきらめる前に、もう一度来年を目差して

コツコツと努力してみよう。今年結果が出た人も、昨年は同じ様な思いを

した社員は多い。「何事もやってできないことはない」ものだ。

でも今は試験にチャレンジした全社員に伝えたい

「本当にお疲れ様でした」

【土曜日】育メンってなんですか?

こんにちは~。Tつです。
秋まっさかり?の今日この頃ですが、いつものご機嫌取りで今回は某河原にて遊んで来ました。

行きの車内では早々と寝てしまって、着いて起こすと機嫌が悪いのではないかと…
心配して損しました(゚∀゚)

よく食べよく飲み おいしいね~♪ の連発

aoi10

川をみて おっきいね~♪ 石を投げたり積み上げたりしては 楽しいね~♪

aoi11


よく遊び元気一杯の愛娘でした(*´∀`)

【水曜日】試験本番 最後の裏ワザ

いよいよ今週の日曜日が、運命の宅建試験日だ。

これまでの準備が十分だったのか、不十分だったのか

色々思いはあると思うが、いずれにしても「まな板のコイ」

状態であることは間違いない。その様な状況の中、最後の

アガキについて、少しでも参考になればと思う。


① 試験が始まったら、先ず出題された問題文を全部見る(偵察する)

② 解けそうな問題から始めて1点でも多く稼ぐ

③ 解けそうにないものは、後回しにする(深追い厳禁、時間を大切にする)

④ 4つの選択肢の場合、ダメなものから消去していく
  (2つはだいたい見つかるが、あと2つに絞り込みあとは運にまかせる。
                     確率的には50%になるはずだ)

⑤ 4つの選択肢の中で、文章が極端に長いか、極端に短いもの
  正解があることが多い

⑥ 試験当日までに体調を整え、万全な状態で臨む
                 (カゼ引き、カゼ薬服用はダメ)



以上が私が知る裏ワザテクニックだ。そんなの分かっていると言うかもしれないが

やるだけやったら、後は「運」を「天」にまかせよう。

天は努力した人間を決して見捨てはしない。
あとは前進あるのみ。





【土曜日】育メンってなんですか?

こんにちは~ Tつです。
食欲の秋になってきました。娘もモリモリ食べて大きく育ってほしいこの頃です。

さて、今回のおでかけは、近場で金峰山にあります、霊厳洞に行ってきました。
駐車場から約200mぐらい入口まで歩くので娘を歩かせる為にぃぃぃっと…

いつも通り上手くいきませんでした(;´Д`)

車を降りてから抱っこがいいと言われるともうそりゃずっと抱っこするしかない…
結局駐車場から目的地まで険しい階段等もありずっとダッコでした(゚∀゚)

aoi9

初めて行ったのですが、予想より観光客もいてちょっと楽しかったです。
宮本武蔵もすごい所に籠ったなぁ~っと率直な感想でした。

勝負運や合格に良いらしいです。 ( ̄ー ̄)
10 | 2017/11 | 12
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

コスギ不動産 総務課

Author:コスギ不動産 総務課
コスギ不動産の情報を総務部より発信!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR
訪問者カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。